人気はあるけれどもこんな難しさも……。ホテルで結婚式を挙げるデメリット

ホテルと言っても色々なところがある

少人数制でカジュアルな結婚式を考えていても、招くゲストの年齢層によっては新しいスタイルの結婚式よりも、社会的な地位がしっかり確立されている、高級ホテルでの結婚式の方が好意的にとらえられることが多いです。結婚式場の選択肢が新郎新婦の親世代の頃よりも増えた現代でも、依然としてホテルを選ぶ人が多いのにはちゃんとした理由があります。ただ、歴史のある高級ホテルと言っても、設備やサービスの質などはまちまちです。格調の高さだけではなくクラシックな雰囲気の式場がいいなら、古い設備を手入れしてそのまま使っているところの方がいいですが、最新の設備面を導入しているホテルに比べて物足りなさを感じることがあるかもしれません。

費用と他のカップルの存在

設備面などで多少の差があるものの、基本的にホスピタリティもよく、遠方からのゲストの為の宿泊先として利用することもできるホテルは非常に便利です。専門式場のようにブライダル関連の実績も豊富なので、細かい点まで行き届いたサービスをしてくれます。しかし、自分達と同じ日に結婚式をするカップルの存在がネックです。大半の場合はすれ違う程度ですが、それでも結婚式の厳粛な雰囲気に水を差すようで気になるという人もいますし、披露宴の最中に他のカップルがホテル内に設置されたチャペルで挙式中で、鐘の音が耳に入ってしまうということもあり得ます。他の式場よりも費用も高くなるので、予算に余裕がない時は仏滅の日や閑散期などにするなど工夫が必要です。