実は憧れている新婦も多い?和風の結婚式場の魅力

意外に選択肢が多くて人前式も可能

結婚式と言えば、チャペルでウエディングドレスを着て行う教会式を連想する人が多いですが、近年は和風の結婚式が再び脚光を浴びるようになりました。親御さんや年配の親族や職場の上司など、一定以上の年齢の人にも好印象を持たれやすいスタイルでもあります。和風の結婚式でしか行うことのできない演出も魅力です。今は従来の形式にとらわれない人前式をするカップルも多いですが、西洋風だけではなく和風の人前式も行われるようになりました。この場合の結婚式場は神社ではなく、料亭や庭園などがよく選ばれています。沖縄では琉球スタイルの結婚式も可能です。高級ホテルや専門式場の中にも対応可能なので、ブライダルフェアなどの時にプランナーに相談してみましょう。

西洋風にはない演出をすることが可能

結婚式場としての神社は自然の迫力と美しさを感じさせるロケーションと、悠久の時間を感じさせる伝統建築という要素があるので、結婚式に厳かな雰囲気を醸し出してくれます。演出も三々九度だけではなく、雅楽を使ったり巫女舞を取り入れたり、伝統的な挙式スタイルならではの良さを実感できるはずです。庭園などで行われている和風の人前式では伝統を大事にしつつ、新しいトレンドを取り入れて進化した演出をすることができます。本来は両家の実家で用意した水を一つの器に入れることで、別々の家庭に生まれ育った新郎新婦が一つの家庭を築いていくことを意味する水合わせの儀もかなりアレンジされていますし、フラワーシャワーの代わりに折り鶴を投げる演出も人気です。